女子大生はキャラクターグッズがお好き

五回目の訪韓では何故か女子大生に縁があった。三日連続、三組の女子大生とそれぞれ結構長い時間を一緒に過ごしたのだが、面白かったのは、彼女らが揃いも揃ってキャラクターグッズが大好きだった事である。

一組目はチソンとウンジュ。彼らの先輩と待ち合わせをしている間、暇だろうからとあちこち連れ回してくれた。サンリオ・ショップなどのキャラクターグッズの店で、かわいーかわいーとはしゃぐ彼女達。なんだか女子高生のノリだなァ…。

韓国で生まれた不細工なキャラクター「タルギ」(苺の意味)の店でも、彼女らはおおはしゃぎ。携帯ストラップのコーナーで、ウンジュに「どれが綺麗だと思いますか?」と訊かれたので、う~ん、これかなァ、と適当なのを一つ指すと、彼女はそれを三つ外してキャッシャーへ向かう。会計が済むと、「クリスマスプレゼント」と、チソンと筆者にそれぞれ渡してくれた。う~ん、アタシャこのご時世には希少な携帯を持っていない人なんだけどなァ…。折角なので、カバンに付けたが。

彼女らとは、なんとなんと、プリクラまで一緒に撮ってしまった。日本ですら撮った事がないというのに。プリクラマシンの各種表示は全て日本語のまま。が、彼女らは筆者が日本語を読み取るのよりも早くぱぱぱっと操作してしまったよ。いやはや。

二組目は、ヘイリ芸術村で出会ったチンとヘジュン。洒落たデザインの建築物ばかりのこの敷地内に、何故か「タルギガチョア(タルギが好き)」という名前の建物があり、その中にはキャラクターグッズ販売所、どデカイキャラクターのオブジェ、子供が遊べる遊戯スペースなどがあった。はっきり言って、この建物、敷地内で浮き上がりまくっていた。何ゆえあの建物があそこにあったのか詳細は不明である。

彼女らがヘイリへ来た目的の一つには、ここを訪れる事も含まれていたらしい。喜んでオブジェと一緒に写真を撮る彼女達。「お姉さんも撮りますか?」と親切に訊いてくれ、筆者まで未知のキャラクター達と写真に納まってしまったよ。いやはや。

三組目はペンパルのチュヨンさん。映画を見るまでの時間潰しのためにモール内を一緒にウロウロしたのだが、サンリオ・ショップの前に来るや、「キティちゃ~ん!」ともの凄く嬉しそうな様子。そう、サンリオグッズは韓国で大人気。しかし、日本からの輸入品のため、少々お値段が張る。いつも商品を眺めては、高いなァと溜息をついているそうだ。

が、彼女、ちょっと安めのハンカチを見つけると、それを二つ手に取った。

「これをお姉さんにプレゼントします。」

え?キティちゃんのピンクのハンカチを、ですかい?

韓国の女の子は友達同士でお揃いの物を買って所有するのが好きらしい。ウンジュがくれたタルギの携帯ストラップもそういうコンセプトだった訳だ。う~む。やっぱり女子高生のノリだなァ…。

なんだか貰いっぱなしで悪いので、その場で彼女が欲しそうにしていたキティちゃんのシールを買ってあげた。いやはや。