韓国ドラマの楽しみ方

筆者の友人Yさんは大の韓国ドラマ好き。が、空港に殺到してわーきゃーと俳優を追い回す類ではない。どちらかというと、筆者と同様、そんなオバさん達を尻目にこちらは斜に構え、重箱の隅をつつきまわるタイプである。

大人気ドラマ「冬のソナタ」が終了した後は、「美しき日々」という、これまたお涙頂戴な韓国ドラマが放送されていたのだが、Yさんはこちらもチェック済み。どころか、レンタルビデオを借りて一足先に全巻見終わってしまっていた。突っ込み処でケタケタ笑うために、筆者も気が付いた時は見る事もあったが、元々欠かさず見るほどマメな性分でもない。「あそこは何でああいう展開になった訳?」「んで、その後結局どうなるの?」と、見逃した分どころか先の話まで彼女に訊いて穴埋めしてしまった。

韓国ドラマ最大の突っ込み処として二人の意見が一致したのは、クサ過ぎぎる台詞。今時日本のドラマでも有り得ない、サム過ぎる設定。

例えば。

女主人公の服を妹が汚してしまったお詫びに、しかしお詫びとしては甚だ高飛車な態度で、上司でもある男が買ってきた服を渡そうとする。施しを受けているような気分になった女主人公は「貰う理由がありません」と断るのだが、それに返す男の台詞たるや。

「僕の好意を断る事はできないよ」(ニッと笑って気障っぽく立ち去る)

………。

キメているつもりらしいが、どどど、どうにも笑えてしょうがないのはワシだけだろうかぁぁぁ!この俳優の微笑を巷ではキラースマイルとか言うらしいが、坊やがニヤけているようにしか見えないのはワシだけだろうかぁぁぁ!そんな事な~い、ワシもワシも、とYさん、諸手を上げて大賛同。

その他、Yさん証言によるサムい場面は、「目も当てられないほどベタベタしながら街中を『ペアルック』で闊歩する二人」「コーヒーの泡の部分にハート型の絵を描いて、『僕のハートを飲み干して』と恥ずかしげもなく言う」などなど。見てみたいような、歯の根が浮き上がって総入歯になってしまいそうなのが怖いような…。

因みに、この俳優、「JSA」という南北問題を扱った映画に出演しており、なかなか骨のある演技をしていたのだが、筆者はとある映画ファンサイトでこんな一文を目にしてしまった。

「主役が爆笑問題の太田に似てると思ったのは俺だけかな?」

い、言われてみれば骨格やパーツが…。それ以来、いくらカッコつけようが気障っちく振舞おうが、彼の顔はもう太田氏にしか見えなくなり、彼の一挙手一投足に爆笑を禁じ得なくなってしまったのである(件の太田氏ご本人が、顔ちぇきをやってみたらこの俳優が出てきたそうな)。

韓国ドラマを見ていて、も一つ不思議なのは、時たま異様に不細工な俳優が出てくる事である。いや、不細工という役柄なら仕方がないのだが、設定上は美男美女という事になっているようなのだ。その証拠に「男前だな」という台詞が至極当然のように出てきたり(え?今誰の事を言ったの?と本気で不思議体験ができる)、性格が良い訳でもない不細工女がモテてモテてしょうがなかったり。国による美意識の差か?とも思ったが、時に恐ろしいほどの美女も出てきたりするし。即ち「許容範囲が広い」のだろうか?