オバさんの壁

韓国語教室でも「冬ソナの嵐」は吹き荒れる。先日、ヒアリングも兼ねて「素顔のぺ様」という、NH●放送番組の録画ビデオを見せられてしまった。いやはや。

スタジオにぺ様をお招きし、ぺ様ファンを客席に座らせ、インタビュアーがイマイチ面白くもない質問をし、後ろで楽団が冬ソナのテーマを演奏する、とまァ、そうエキサイティングでもない番組だった(演奏はまァまァよろしかったが)。

ヒアリング目的という事で、上映前にソンセンニムが面白げな表現を取り上げて説明してくれたが、それ以外は殆ど聴き取れないのが現状であった。なにしろ日本語字幕が出るのでどうしてもそっちを読んでしまうわな。韓国語字幕を出してくださいよ(そりゃ無理な相談か)。

そんな事よりも何よりも、筆者が気になってしょうがなかったのは、ぺ様の後ろにカメラが回った時に写り込む、「オバさんの壁」。なんだか貼り付いたようなうっとり笑顔のオバ様達が、まさに壁のように背景に溶け込んでいるのだ。うわぁ、なんだ・こりあ。

肝心の「素顔のぺ様」であるが、筆者にとってはあまり魅力的な人物ではなく、オバ様のうっとり笑顔の理由が皆目わからなかった。まァ、悪い人ではなさそうだったが、アジア人特有の曖昧なヘラヘラした笑顔が平均的アジア人の八割増しくらいで出てくるので、その度になんだか不愉快な気持ちになっていたのである。その上、番組で読み上げられたオバ様達のファンレターときたら、

「胸がキュン」

「チュンサン(ぺ様の役名)に恋をしてしまいました」

と、乙女チック路線大爆走!!!筆者は不愉快(プラス不可解)な気持ちを募らせながら、ザワザワと鳥肌が立ってくるのを感じていたのであった。

追記:友人がNYに出張中の従姉妹を訪ねた折、その従姉妹とルームシェアをしていた女性が、なんと、この「素顔のぺ様」でピアノ演奏していた方だったそうだ。番組放送中、たまたま日本にいた彼女には、友人・知人からひっきりなしに電話がかかってきたそうな。因みに彼女自身はぺ様には全く興味がないそうだ。そりゃあ、ぺ様に興味津々のピアニストだったら演奏が手につかないわな…。