10年後のナナイモバー

実に10年ぶりにカナダを訪れておいて、ナナイモバーを食べない手はない!コーヒーを買いに入ったドーナツショップで見つけるや否や、早速買い求めて「カナダ人サイズ」のナナイモバーを腹に収めたよ!

さて、できれば以前買って行ったナナイモバーミックスをお土産に買って行きたかった。もちろん、嫌がらせのためである。が、残念ながらケーキミックスは見つからず、仕方ないので既に調理済みのものを買っていくことに。生ものではないので、1週間くらいなら大丈夫。

21cm×15cm、A5サイズくらいの大きさ。12等分の区切り線が入っているが…それでは「日本人には大きすぎる」ので、さらに細かく切り分け…きっと不人気なので、少しだけ取り分けて、帰国翌日にあったイベント会場に持っていった。

まず、小学校5年生のコドモが見つけ、試食。無言…。お父さんを招き寄せ、試食を促す。お父さん的には「ギリギリOK」らしい。続いて味にうるさそうな成人男性が試食。渋い顔を見せる。甘さが後からガツンと来るらしい。物珍しさのせいか、一応全部なくなった。翌日も若干多めに持っていったら、甘い物好きの女性が来ていて「意外と美味しい!ワタシのためにあるようなお菓子!」と言いながら、2個、3個とぱく付いていた。心配の甲斐なく、完食される。「でも、ニホンじゃ有り得ない味だよね」「外国のお菓子って感じがする~」と、予想通りの感想も頂いた。

我が家にはまだ若干残りがあったので、お土産を渡しがてら、知人のNさんを呼びつけて試食させる。天然不思議ちゃんの彼女は、顔色一つ変えず「美味しいですよ」と言ってのけ、ばくばくと出したものを完食してくださったのであった。残ったものを持って帰っていただこうと思ったのだけど、帰り際に渡すのをつい忘れてしまい、結局ジブンで食べる羽目になったのだが。