韓国人はサインがお好き

今回、筆者は外国人ゲストとして釜山のマジックフェスティバルへ行ったワケだが、会場内を、うっかりウロウロしていると、あっという間に若者に取り囲まれ、写真とサインをせがまれ、10分は動けない状態に。急いでいる時は大いに困った。

でも、なんだか彼らは「サイン集め」が趣味なだけで、「有名そうな人」からサインをもらえればそれでいいって感じ…。ある日、会場へ荷物を運ぶのを手伝ってくれた若者は、筆者の通訳さんに「この人誰?」とか聞いていたくせに(微妙に韓国語がわかる)、その直後に、とりあえず有名そうな人だからもらっとこ、という感じでサインを求められた。いやはや。

筆者はマジック用品を売るブースも出していたのだが、そこにも、は!と気付くといつの間にやら大勢の人だかりが。しかし、彼らの目的はもっぱら写真とサイン。

買ってよ。

つーか、せめて商品を見ているお客さんの邪魔にならない位置にいなさいよ。

6日間のフェスティバルの間、毎晩異なるプログラムのマジックショーがあったのだが、各自に渡されたスケジュールを見ると、ショーの後に「fan meeting」なるものが設定されている。ナニコレ?な~んと、ファンのためのサイン会!

ひぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

アタシ達は芸能人ですか??????

出演者全員の席が用意されたテーブルには、各自のネームプレートと、サインペンが1本と、喉が渇いた時用の水入りペットボトルが1本がそれぞれ置かれていた!たった30分のために水まで!夜も遅いと言うのにこのテーブルの前には長蛇の列が。ご丁寧に大会側がサイン用の紙まで用意しており、そういう紙やパンフレットを持って辛抱強く待つ人々。中には小さな子供もいたよ。

とにかく行列をさばききらなければならないので、ひたすら黙々と「名前」を書き続ける。ホレ、ホントの芸能人と違って、筆者なんかむしろフツーの人なので、カッコいいサインなんか用意していないのだよ。あまりにも芸がないので、会場で取り囲まれた時なんかは相手の名前を訊ね、韓国語で「○○さんへ」と書いたりもしたのだが、「fan meeting」ではその余裕もない。

通訳の方に「韓国人はサインや写真が好きですね」と言ったら、「え?日本でもそうですよね?」と返ってきた。イヤ、誰もが知っているような芸能人クラスに対してならそうですけど。

韓国ではマジシャンの歴史が新しいだけあって(2000年くらいから急に若手が台頭した)どうも他の国とはノリが異なる。

こんなこともあった。ショーのあった翌日、会場に出向くと、一般人っぽい知らないオジサンにイキナリ大きな花束を渡された。え?アタシに?何かの間違いでは?一応受け取りはしたものの、オジサンは韓国語しか話せないためか、何も言わないし、何処の誰がどういう意図で誰に宛ててくださったものかサッパリわからない。この時の様子を見ていた知人が、「きっとアナタのファンなのよ~~~~」とおっしゃったものの、日本でも他の国でも、前日に一回見たきりのパフォーマーに対してイキナリ巨大な花束贈呈は有り得ない。未だに「何かの間違い・勘違い・人違い」と疑っているのだが、どうなのだろう?もしくは韓国ではこういうことも「アリ」なのか、とも思ったり。

また、こんなこともあった。フェスティバルが終わった後、大会側が外国人ゲストのために釜山観光ツアーを用意してくれたのだが、それに同行したスタッフのカメラマン君、実は3年前にソウル公演をした時から筆者のファンでいてくれたそうで、ツアーの際中はなんだかエライ気を使いまくってくれた。暑くて歩き回るのも疲れるから、建物の石段に座って休んでいると、なんと新品のハンカチを持ち出して「コレを敷いて座ってください!」と申し出る。い、いいってば!そんな汚れて困る服でもないし!同じ日に、もう1人のスタッフの方も一緒にファストフード店でカキ氷(パッピンスという、夏のデザート!コーンフレークと小豆がかかっている。小豆氷)を食べた。そのスタッフの方、心の底から感無量な様子で「アナタとご一緒にパッピンスを食べられて光栄です」ですって!実に超有名人と同席できたかのような感激振りを示していたのだ。まるでヨン様に出会った日本人のオバさん…

…んーと。アタシ、そんな感激される程の人でもないんですけど…

筆者が思うに、韓国の方々はとかく「思い込みが激しい」のではないだろうか。我々外国人ゲストは、とにかく「外国から我が国に招待されてやってきたくらいだから凄く有名なマジシャンに違いない」と思い込まれていていたようなのだが、実のところ、いずれのマジシャンも本国では全国的に有名なワケでもない。せいぜいマジック愛好家の間でよく知られているくらいのものである。常日頃テレビに出ているワケでもないので、一般人が知る由もない。

そんな韓国人の「思い込み」パワーを如実に示す一例が。韓国で人気・実力共にナンバーワンの若手マジシャンがいるのだが、彼は数年前に日本の小さなコンテストで優勝した。それを朝鮮日報が大々的に取り上げたため、一躍有名人になってしまったそうだ。

が。

その大会はマニアの間では有名だが、一般的にはマイナーなイベント。日本だったら(多分他の国でも)新聞に載るような話ではなかったのだが、韓国の人々にとっては、韓国人のマジシャンが海外で成した初の快挙!そのコンテストがマイナーだろうがナンだろうが、海外で成功したことがとにかく誇りであり、大々的に報道する価値のあることだったのだろう(マイナーだと言う認識もなかったかも)。報道側ですらこのように考えてしまうなら、その記事を読んだ一般人は、ほー、凄いことに違いない、と思い込んでしまうのも道理。

そんな周囲の思い込みにも後押しされてか、今や彼は押しも押されぬ大スター(ま、映画俳優ほどではないそうだが)。人気のみならず、実力もついていっているから、まぁいいのだが。

時にそういう「思い込み」のパワーが人生を左右するのなら、おとなしくそれに乗っかって本人がその気になるのも1つの手かもしれない。正のスパイラルが発生して一気に成功の一途を辿れるかも?!しかし、悲しいかな、上記のように筆者に過ぎた扱いを施してくれるのは今のところ韓国しかないのだな(「過ぎた扱い」とか思ってる時点でもうダメだ)。

う~ん、韓国。

不思議な国だ…。