韓国で眼鏡を買う

韓国では良質の眼鏡が安く手に入る!しかも!スピード納品!なんと検眼後、最短10分で作ってくれることも!その日のうちに持ち帰れるのは当たり前なので、旅行者でも気軽に買うことが出来る。

筆者が初めて韓国の眼鏡と遭遇したのは、1997年、何故かカナダで。
ナニゆえ「韓国の眼鏡」というものを意識したかというと、韓国人留学生の殆どが小さな楕円形のビミョーにダサい眼鏡をかけていたからである。

勿論、当時は韓流ブームなんてなかったし、日本人の多くは、韓国という国やその文化に対して、殆ど無関心だった。筆者自身も韓国人と面と向かって対話をするのはほぼ初めての経験、「韓国人と日本人を見分ける」術なんか到底なかったワケだが、韓国人の識別に際して眼鏡がもたらしてくれる手掛かりは大きかった。とにかく、このダサ眼鏡をしている人を見かけたら韓国人に間違いなかったのである。

あまりにも揃いも揃って、全く同じ系統の眼鏡をかけているものだから、一体それはナゼなのか、韓国人留学生に訊いてみた事がある。返ってきた答えは

「韓国人のファッションにとって重要だからだ」

んー、余り参考にならん。要するに、皆が皆、流行りモノに飛びついているってだけの話だろうか。それが外国人から見たらビミョーにダサいということにも気付かずに。

もっとも、流行に飛びついていたのは「流行に敏感な」若い世代のみの話。当時も年配の方は大きなレンズの眼鏡をかけていたようで、筆者が日本で作ったフツーの眼鏡を指して「これは年寄りがかける眼鏡だ」と韓国人に指摘されたことがある。ダサダサ眼鏡を最新流行と信じている人々にこう言われると、なんかビミョーにムカついた…

その数年後。韓流ブームが起こる少し前だったのだが、大学の授業の第二外国語として韓国語が選べるようになっていた。韓国語を選択した後輩Nは、一挙、韓国語・韓国文化に心酔してしまい、暇で仕方がなかった4年生の時分に3ヶ月の韓国留学まで果たしてしまった。その留学から帰ってきた彼女は、なんと、あのダサ眼鏡をかけていた!!!!!聞けば、韓国では眼鏡などのオプティカル製品が甚だ安いという。

その少し後に韓国を訪れる機会を持った筆者は、現地の友人に付き添われて韓国製ダサ眼鏡をゲットするに至る。日本にはないこのダサさがかえって良い、とか思ったりして。で、その眼鏡をかけていたせいかどうかはわからないが、以後、街を歩いている間は間違いなく、韓国語で声をかけられてしまった。

さて、それから3年経った。以前作ったダサ眼鏡は、フレームこそしっかりしているものの、レンズには大分傷がついてしまった。そろそろ買い替え時、と思っていたところだった。

韓国は眼鏡屋が本当に多い。3軒に1軒は眼鏡屋なんて通りもあったりする。競争が激しいからこそ値段も安いんだろうケド、ナゼこんなに多いんだろうね?

そういうわけだから、外国人観光客も顧客の対象であるのが大前提。「日本語OK」「老眼鏡専門店」などと、日本語でデカデカと看板を上げている店の多いこと!韓国語が出来なくても安心してお買い物できます!きちんとした店が殆どなので、ぼられることは滅多にないと思う。

前回は英語の出来る友人が、今回も図らずして日本語通訳さんがついてきてくれたため、何の不自由もなく買い物が出来てしまった。後輩Nから、検眼時には「ぽよよ(見えます)」「あんぼよよ(見えません)」と、甚だ可笑しな語感の言葉を発しなければならないものだと訊いていたのだが、
未だにコレを言う機会が訪れないのが残念である。

ところで、眼鏡屋のショーウインドーを眺めていて目を見張ったことは。3年前に比べてエラいデザインが垢抜けてしまった!!!そうなのだ。
あの楕円形ダサ眼鏡一辺倒はナリを潜め、お洒落な色や形のモノが増えていた。それでもって、相変わらず安い!フレームは安いものは2000円くらいから。レンズもランクを選ぶことが出来、2000円くらいからあるので、最安で4000円くらいのものを作ることが出来る。日本でバカ高い眼鏡を買う気にはもうなれません!!!!

こんなに安いんなら、二つくらい買ってしまおうかー。

悲しいことに、筆者は帽子や眼鏡などの装身具の類がとことん似合わない性質なので(眼鏡をかけると余計ブサイクに見える)フレームを選ぶのに至極苦労したが、自分で選んだクセのない縁ナシデザインのものと、眼鏡屋のオジサンが「こっちの方が似合う」と保障してくれた黒縁とを、オジサンお薦めのレンズを組み合わせて作ってもらうことにした。締めて12万W。当時のレートで約15000円である。

受け取りまでに30分待ってくれ、と言われた。黒縁が10分、縁ナシが20分。何でこんなに早いんだ?ていうか、なんで日本の眼鏡屋だと1日以上待たされるのだ?

訊くところによると、近視矯正手術も日本の半額程度で出来てしまうらしい。近視が治ったら眼鏡が売れなくなるけどいいのだろうか?